次回からApple IDを使ってサインインするときはセキュリティ質問を聞かれることがありますので忘れないようにご注意ください。 iPhoneがバックアップから復元 1. 復活したいデータを選択し、「取り出す」をクリックし、データの保存先を選びます。 その際にiPhoneをPCに接続し、リカバリーモードにしてください。

これは、一般的には「iPhoneの初期化」といわれていますが、初期化作業のなかで、「iPhoneの復元」というボタンを押すので、復元と呼ぶこともあります。 7.セキュリティソフトウェアを確認 iPhoneの復元が終わらない 、iPhoneの復元が進まない 、又は場合は、アンチウィルスを無効にするのを試してください。 180日間iCloudにバックアップがとられていない• バックアップを取っていない場合は? バックアップを取っていないのに、急にiPhoneが故障してしまった場合、iTunesやiCloudでの復元作業はできません。

5

Apple IDを記入し、パスワードも入力すると利用規約がでてくるので、「同意する」を選択しましょう。 セキュリティソフトウェアを確認します. 以前紹介させていただいたiPhone の 詳しく書いてますので、よかったら参考にしてみてください。 そのときは、「バックアップから復元」を選択し、「続ける」をタップしましょう。

18

iCloudの拡張までの手順は、ホーム>設定>Apple ID>ストレージを管理>ストレージプランを変更>iCloudストレージのアップグレードで辿り着きます。

この場合はまず、Apple Storeコールセンターへ電話することをおすすめします。

26

Part 3: iCloudバックアップが復元できないときの対処法 iCloudバックアップが復元できない場合、代わりの復元ソフトを試してみたら?それはパソコン専用iCloudバックアップ復元ソフト「」です。 iPhoneを復元できないときの対処法 iTunesバックアップを復元できない原因はバックアップの破損とは限りません。 まずは、ご自身のiPhoneが最新のバージョンであるかを確認しましょう。

4

問題がまた解決しないと、Appを削除して改めてダウンロードして試してみてください! 問題 4:iCloudからデータを復元する際、複数のApple IDでサインインするの求めるメッセージが表示されます。 一覧表にまとめました。 復元ができない場合は、Wi-Fi環境やケーブルの状態など接続環境を確認してみてください。

9

個人情報漏洩のリスクに備えつつ、安全・安心に使用済みのiPhoneを処分したい場合は、ぜひパソコンファームにお任せください。 Appleの公式ページの説明の通りに新しいiPhoneの方で、Apple IDとPWや旧端末のパスコードなどを入力していくことで設定が進んでいきます。 PCのセキュリティソフトをオフにする PC内で起動しているセキュリティソフトとiTunesが競合してしまい、復元の妨げている可能性が考えられます。