ただし、不動産や登記、税法などに関する基本的な知識が必要なほか、それなりの時間も要します。

13

B4の上質ケント紙を購入し印刷しました。 5m以上必要です。

この記事をシェア• そのため、コストを浮かせるためにも自分でやりたいと考えていました。 売主が権利証などを紛失しているときには、登記官による事前通知、司法書士または弁護士による「本人確認情報」の提供、公証人による認証の提供といった方法があるものの、実際には司法書士によって本人確認をすることが一般的でしょう。

22

建物の表題登記を自分でやってみた感想 「とにかくしんどかった!」 私の場合、表題登記がゴールではなく、贈与税の確定申告をする必要がありました。 建物表題登記は、建物を登記することが目的ですが、登記のできない建物もあります。

17

(各フロアで建物の形が異なる場合は1Fの形を点線で表記するよう指示される自治体もあります) 辺には長さを記入し、単位はmを用います。

27

準備にはかなり時間が必要ですが、書類さえそろえば実際に申請する日はただ窓口で書類を提出するだけになります。 周りの土地の地番も記載する ・道路にも地番がある場合は、道路の地番も記載すること ・建物配置図は、境界線から、1階部分までの距離を書くこと ・方位を記入すること(北が上になるように) ・作成日と作成者を書き、捺印すること ・申請人を記載すること ・家屋番号を記載すること ・建物の所在を記載すること 手書きで描くか、CADぱパワーポイントを使って書くことができます。 ・売主様側に住所・氏名の変更登記が必要な場合は、売買による所有権移転登記の前提として、住所・氏名の変更登記が必要です。

また、本人や身内が法務局の職員で、登記を熟知した者が申請手続きをするなど特殊な事情があれば、司法書士を使わないことに同意してくれる金融機関もあるようです。 登記手続きのスケジュールはかなり同時並行 地目変更登記と表題登記、所有権保存登記と抵当権設定登記。 今回の内容は私が実際に申請した際の内容ですので、全てこの手続きで大丈夫だと言うわけではありませんのでその辺はご了承ください。

従いまして、所有権移転登記についても抵当権設定登記についても、ご自身で行うことは非常に難しいといえます。 手続きは簡単です。 その下の、 住宅の種類や構造、床面積は、建築確認申請書をみながら、丁寧に埋めていきましょう。

6